スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内閣支持率41%。

時事通信の内閣支持率調査は41%。不支持率が23%。

これは他社の数字より明らかに違う。。


時事通信社が5~8日に実施した6月の世論調査によると、菅内閣を支持すると答えた人は41.2%で、5月の鳩山前内閣の支持率19.1%から22.1 ポイント増加した。不支持は22.5%(前月比41.6ポイント減)だった。首相が交代し、小沢一郎前民主党幹事長が辞任、菅直人首相が「脱小沢」路線を 鮮明にしたことなどから、民主党政権への期待が高まり、支持率は「V字回復」を果たした。
調査は新内閣の正式発足(8日夜)前で、単純比較はできないものの、鳩山内閣発足後最初の支持率60.6%は下回った。
内閣を支持する理由は「首相を信頼する」が前月比9.6ポイント増の13.3%でトップ。次いで「他に適当な人がいない」の12.7%だった。支持しな い理由は「期待が持てない」が13.1%で最も多かった。
参院選比例代表の投票先は、民主27.1%(前月比9.8ポイント増)、自民15.4%(同2.9ポイント減)。前回調査では、政権交代後初めて自民が 民主を上回ったが、再び民主がトップとなった。みんなの党は6.8%(同0.5ポイント減)で、公明党が5.7%(同0.9ポイント増)と続いた。
http://www.jiji.com/jc/v?p=ve_pol_cabinet-support-cgraph


最近の報道で共同通信社の調査では61%だったけど、
20ポイントも差があるのはどうかと思う。

だいたい首のすげ替えしただけで、組閣していないのに各社は世論調査をした数字を出した。その結果、66%などという7割にも及ぶ異常な数字を発表したけど、かなり胡散臭い感じがするのは当然だと思う。

マスコミは民主党の広告、世論誘導戦隊だ。

ほとんどの媒体には在日が入り込み、偏向報道でプロパガンダしている。
TBSや毎日は特に際だっていると思う。
小沢批判を演出して、民主党の期待値を?字復活させようという狙いが丸出しだ。
しかし、国民は相変わらずその誘導に乗ってしまう傾向があるからこうなると思う。

どうであれ、時事通信の4割支持、2割不支持は妥当な結果に感じる。

さて、2割の不支持者が民主党には入れませんといいながら、
間違っても「みんなの党」には入れないことを願いたい。

ここが第二民主党であることが全く知られていない。

小沢の戦略は今でも順調に進んでいるのは否定が出来ない。

各党臨戦態勢に入ったようだけど、小沢は年中選挙対策で動いている。
段取りは小沢のほうが数段もしっかり進めていると思う。

それでも、愛国と売国の闘いに負けては日本が終わる。

なんであろうと負けてられないと思う。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ジャムおやじ
岩手4区の住人です。

最新記事
Flashリバーシ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。