スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女王の凋落 とか。

昨日のなでしこジャパンはザンネンな結果に終わった。

Ⅴ3にならなかったコト、韓国に負けたコト、これらの結果は確かに悔しいコトだけれど、

それ以上に、もっと怖いと感じたのはなでしこが

なでしこじゃなくなった内容にあると思う。

2011年W杯優勝した時のメンバーとほとんど変わらない選手の顔ぶれで

昨日の酷い内容は、かなり重症だと感じてしまう。

澤と両サイドバックの近賀と鮫島の3人がいないけれど、それ以上に自分たちから

なでしこらしさが消えてしまったのは、パスサッカーをやめてしまったことだと思う。

2011年はコンパクトで早く、正確なパスサッカーで相手を崩すという内容が

本当に素晴らしく、澤を中心に全員が高い集中力で戦っていて最後はキセキの優勝を手に入れた。

今のなでしこにはソレが全くない。


世界の女子サッカーは、欧米スタイルのドリブルサッカーから日本のパスサッカーを

お手本にしようと変わってきたのは喜ばしいことだった。。。

でも、なでしこがなでしこをヤメタ。

佐々木監督も選手も、欧米のような前線へのロングボールで効率よく攻撃するスタイルに

代えてしまった。。これは澤が不在であることを現状で克服するための戦術だと思ったけれど、

昨日の試合をみて、完全になでしこは欧米型に切り替えてしまい、

キホンの正確なパスも出来なくなって、ますます悪化していると感じてしまった。

あの岩清水も、田中明日菜も川澄もパスミスをしてしまう、精度の高かった宮間のFKもボロボロ。

これは昨日の試合のみならず、この3試合とも。


昨日は中一日で疲労感も残っていているから、かわいそうだという感じもするけれど、

昨日の韓国には以前のなでしこなら澤不在でも安心して勝てたと思う。

疑問に思うのが佐々木監督。本当に不思議でならない。

なぜ、パスサッカーをやめてしまったのだろうか。

世界の頂点を極めて、さらに澤不在でもパスサッカーを続けないのだろうか。

当たり前にやっていたダイレクトパスも、いまではトラップしてからパスするありさま。

北朝鮮戦では、サイド攻撃せずに、中央でタテに通す執拗な攻撃パターンで崩し切れず

勝てる試合も結果を出せなかった。

昨夜の試合後は宮間が泣いていたけれど、これは佐々木監督に責任があると思う。

おそらく、これからなでしこは勝てないだろうと思う。

世界の大きな強い選手と戦って勝つには、2011年のパスサッカーを徹底するしかない。

それをヤメテしまい、過去の欧米ドリブル型に小さななでしこがマネする必要などないと思う。

次のW杯まで2年あるけれど、おそらくなでしこは復活しない。

心からザンネンで仕方がない。

そして、澤の偉大さをあらためて痛感してしまう。

いつもなら、韓国に負けることを感情的に怒りまくってしまうけれど、

昨日は、むしろ負けてヨカッタのだと初めて思った。

原点回帰するなら、2011年の試合を全部みるとイイと思う。

W杯優勝していままで日陰にいた、なでしこ選手がテレビに出たり、雑誌やファッション誌に出て

スッピンが当たり前だったのに、薄いメイクまでして試合に出るようになった。

それから、何かがおかしくなってきた。

あと1歩、ちょっとのトコロで、ボールがつながらなかったり、シュートが入らなかったり

それは、心のエネルギーが集中しきれていないことの表れなのだろうとも思う。

個人的な意見で不快に思う人もいると思うけれど、

2年後のW杯を目指すには、2011年のベテラン選手は全部総入れ替えする方がイイ。

猶本選手などの非常に若い選手を鍛えていった方がイイと思う。

世代交代は難しいけれど、これは各国同じ。

出来たコトが出来なくなった選手を治す時間より、出来る選手を出来るように育てる方が早い。

もちろん、佐々木監督も交代してもらった方がイイと思う。








スポンサーサイト
プロフィール

ジャムおやじ

Author:ジャムおやじ
岩手4区の住人です。

最新記事
Flashリバーシ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。