スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3矢の問題点 とか。

木幡が参加するとは驚いた。。











消費税を増税することがデフレを悪化させることは橋本政権で経験済みだが

すでに法案化されているということと、米国の圧力でやらざるを得ないのが現実だと思う。

法案に付帯されている「景気条項」など、あってないようなもの。

着々と増税実施に向けて進めているというトコロが実際だという話が出たのが

2時間目の終わりころ・・・ここまでは不毛な2時間の討論だったと思う。

いまごろ財務省を批判する討論になってもどうしようもないのに・・・。



国民が声を上げれば・・とか、まだ安倍総理は決断していないとか・・

そういうことを言う識者は現実逃避か理想論の延長であって、

せめて悲惨な状況を少しでもさけるべく軽減税率の導入など具体的な意見を

もっと出してほしかったと思う。


安倍は国民の声よりも米国の声を聞くヤツだということを認識しないといけない。

この半年ですでに証明されている。

三橋さんが冒頭の意見で「国民を裏切った」というしっかりと言ったこの一言は

水島さんも認めなければいけないことだと思う。

そもそも消費税で社会保障を補うこと自体のしくみがありえないわけで、

ましてや、1年ごとに1%upとかいう木幡のマジな話には心からカンベンしてほしいと思う・・

しまいには、クールジャパンからアニメーターにカネを配る議論に

何分もつかうgdgd状態にちょっとがっかり。

もう本質から遠く離れてしまうわけで・・。



観終わってから思ったけれど・・

行きつくトコロは安倍のリーダー論になるんじゃないかと思う。

全ては国内問題であるはずのコトは最終的に米国の圧力に屈するというトコロになる。


わずか半年の安倍政権は公約に掲げたことをあっさりと手のひらを返した。


自分は安倍を消極的選択で支持してきた。

自民党総裁で石破、安倍、伸晃、林、町村のなかで選ぶなら安倍しかいない。

民主党と自民党で選挙を応援するなら

政権担当能力のある自民党しかいない。

これはフツーの保守ならタリメーの選択だと思う。


そして第2次安倍内閣誕生。

速攻で、アベノミクスを打ち出して株価うなぎ上り。

諸外国を訪問し、中国包囲網を狙う外交戦略。

これらは文句ない。自分も左翼政権からまともな日本に戻るウレシイ気持ちだった。


じゃがしかし・・この半年で

竹島の政府主催式典を中止、靖国神社春の例大祭参拝見送り、国際司法裁判所竹島問題提訴見送り、

尖閣公務員駐在見送り、TPP交渉参加表明自民党6項目公約すでに守れず、村山談話・河野談話踏襲、

もっと酷いのは福島第一原発の汚染水の放置。政府も規制委員会も無能な東電に預けっぱなし。

安倍は原発を海外に売り込んで、いまだ福島はなにもせず。


期待と希望を感じた安倍2次内閣誕生も現実はこういうこと。

民主党よりマシだというぐらい。


現実的に安倍以外には交代するような政治家はいないので

結局、仕方がなく安倍は支持するということになる。


で、これから日本はどうなるんだろか。。と思うと

現実は日本は米国の属国のままであって、

八方ふさがりと言ってもいいと思う。

おそらくこのまま消費税は増税する。デフレから脱却できないということになる。

橋本政権、そして小泉税権の構造改革を安倍が継承するというコトだと思う。


戦後レジームからの脱却というフレーズは共感してきたけれど

これじゃ脱却も厳しすぎる。

もちろん、1年、2年でやれることじゃないけれど、

靖国参拝すら出来ないようでは、いつまでもレジーム脱却のスタートに立つことはできない。


絶望を語るよりも、出来るコトを出来るだけ行動するしかないということはわかるも

「ならぬものはならぬ」の武士道精神を絶対に忘れてはいけないと思う。



























スポンサーサイト
プロフィール

ジャムおやじ

Author:ジャムおやじ
岩手4区の住人です。

最新記事
Flashリバーシ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。