スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最高裁で「区別は不要」 とか。

もう最高裁で区別がいらないと判決する腐りきった司法界。

婚外子記載「区別は不要」 最高裁が初判断
出生届に嫡出子か嫡出でない子(婚外子)かの区別を記載するよう義務付けた戸籍法の規定が合憲かどうか争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第1小法廷(横田尤孝裁判長)は26日、「事務処理上は便利な規定だが、必要不可欠とは言えない」との初判断を示した。規定自体は合憲とした。事実婚の夫婦らが、区別を記載せずに提出した次女(8)の出生届が受理されなかったことを不服として東京・世田谷区と国に損害賠償などを求めていた。
共同通信
2013年09月26日18時03分



規定自体は合憲としながら、区別は必要不可欠とは言えない・・って。

これ、ほとんど違憲に近い判決だと思う。

この流れは戸籍自体が必要不可欠とは言えないという流れにもっていかれるんだろう。



裁判官が国柄を崩壊させるような方向へと導くなら、立法府がいくらまともになっても

この国に未来が無くなる。

消費税増税よりもヤバいと思う。








スポンサーサイト
プロフィール

Author:ジャムおやじ
岩手4区の住人です。

最新記事
Flashリバーシ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。