スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放送法を改正するべき とか。

これじゃ、送り付け商法と変わらないと思う。

NHK「承諾なしでも契約成立」 受信料訴訟で高裁

NHKが個人相手に受信契約締結と受信料支払いを求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁の難波孝一裁判長は30日、「NHKが契約を申し込めば、受信者が承諾の意思表示をしない場合でも、長くても2週間が経過すれば契約が成立する」との判断を示した。NHKによると初の司法判断。

 一審は「契約締結を命じる判決が確定した段階で契約が成立」としたが、高裁は契約は既に締結されていると判断。難波裁判長は、放送法は受信者に契約締結の義務と受信料を支払う債務を課しており、判決で強制的に承諾させる手続きは不必要だと指摘した。
共同通信
2013年10月30日17時46分



契約とは、双方が合意して初めて成立するものであり、相手が承諾なしでも成立する契約は存在しない。

しかし、この放送法の解釈は古い昭和の時代には適応していても、現在のデジタル化の放送時代には

完全に不適切であることは間違いない。

技術的にもNHKはスクランブル放送を導入すればいいのであって、料金支払わなければ放送が見れない仕組み

に切り替えればいいのに、あえて徴収を減らさないために現状のままにしている。

とにかく、放送法を細かく改正しないといけないのは間違いない。

だが、そのまえに一度NHKは解体して局内にいる反日分子を浄化しないと

問題が消えることはないと思う。



















スポンサーサイト
プロフィール

Author:ジャムおやじ
岩手4区の住人です。

最新記事
Flashリバーシ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。