スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消費税をめぐる暗闘 とか。

すぐに消されると思う。












10%の消費税増税の引き上げは行わない方針というトコロは驚いたが、

これも自民党総裁選と自分の政権の命を考えるトコロというのは

間違いなくそうだろうと思える。

そして、自分は大嫌いな仲井間知事が、安倍がアメリカの言いなりになっているというのは

完全に同意する。全くその通りで、なにもかも米国の言う通りにやっているヤツに

憲法改正とか、戦後レジームの脱却とかできるはずがないわけで・・・

でも、ここでの青山さんは安倍さんに代わる人はいないのだから、安倍がダメだというのではなくて

国民が安倍さんにしっかりやってもらうようにキツく叩いてあげるようにするべきだという

愛情のある表現をしているけれど、まぁ、それはかなり難しいと思う。。

しかし、今日の青山さんの解説は共感した。

最後の最後で、NSCのこともアメリカにいいように使わるようではいけないと言ったところは

正直、救われた思いだった。

これまで委員の一人として参加してきたNSCに対する想いは人一倍あると思うし、

米国の要人とも深いつながりももっているので、NSCには眉唾もあったけれど、

最後にポンと出たこの発言は本心だと思った。

とはいえ、法案は骨抜きになっている気もするけれど・・・

米国の占領化に置かれている戦後から、現在も変わらないなかで

ちょっとずつ形だけでも国家の自立へと動こうとすることは

かけがえのない日本の一歩でもあると思いたい。。

「公明党がどうであれ、そういうことを抜け出せない現実に

安倍さんが、志をどこかに忘れてきたような気がしてザンネンです。」という青山さんのコトバは

とても印象的であり、心から共感した。















スポンサーサイト
プロフィール

ジャムおやじ

Author:ジャムおやじ
岩手4区の住人です。

最新記事
Flashリバーシ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。