スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

各地で期日前投票ミス発生。

岩手4区もなかなか蒸し暑い日が続いている。
湿度が高い時の不快感は精神的にも負担がかかる。

それでも、都会よりはまだ田舎の方が楽なのだろう。
暑いのはイイけど、カラッとした感じなら助かる。。


暑さのせいにするわけじゃないだろうけれど、
各地で期日前投票での現場でミスがあるようだ。

衆院選と参院選を間違えるような話は信じられない。

比例代表の投票用紙を配る際に、「政党名をお書き下さい」という
女性職員がいたらしい・・もしかするとこれは7月11日もあり得る。


まだこんな職員います…「比例は政党名」誤説明

7月6日11時34分配信 読売新聞


 参院選の期日前投票が行われている群馬県高崎市箕郷支所で先月25日、女性職員が比例選の投票用紙を有権者に渡す際、誤って「政党名を記入してください」と説明していたことが5日、分かった。

 参院選の比例選は、「候補者名」か「政党名」のいずれかで投票できる「非拘束名簿方式」。茨城県でも同様のミスが起きており、県選管は4日付で県内の各市町村選管に対し、投票方法を有権者に正確に説明するよう一斉通知していた。

 ミスが起きた6月25日は、期日前投票の初日。高崎市選管によると、女性職員は、政党名のみで投票する衆院選の比例選と勘違いしたという。投票直後、市選管にミスを指摘する電話があり、市内7か所の投票所の責任者に対し、指導を徹底するよう連絡。その後は同様のミスはないという。

 また、県選管によると、同日は、ある政党陣営から「支持者が安中市の投票所に行ったら『政党名で投票してください』と言われた」という指摘も県選管に寄せられた。安中市選管は、市内2か所の投票所に詰めている職員らに問い合わせたが、ミスをした事実は確認できなかったという。

 県選管は、5日に読売新聞から指摘を受けるまで、高崎市のミスを把握しておらず、「4日の一斉通知とは別に、改めて投票方法のルールの周知を徹底したい」としている。



これは完全に知らなかったんだろうと思う。
知らない職員はなぜか女性が多い。

これも、ビックリする信じられないコトが起きている
開票前に投票箱あけるなんて、もうありえないと思う。


開票前に投票箱開き、誤交付した用紙を回収

 山口県下関市選管は6日、参院選の期日前投票で、有権者1人に誤って比例の投票用紙を2枚交付したうえ、投票後にミスに気づいた女性職員が投票箱を開けて用紙を回収し、投票をやり直させていたと発表した。

 公選法は開票前に投票箱を開ける行為を禁じており、市は職員の処分も検討する。

 市選管によると、5日朝、同市長府支所の期日前投票所を最初に訪れた男性に比例の投票用紙を2枚交付。男性は選挙区と比例の投票箱に1枚ずつ入れた。ミスに気づいた投票管理者の職員がその場で選挙区の投票箱を開けて回収。男性は選挙区の投票用紙を受け取り、投票をやり直した。同支所での期日前投票は5日が初日で、男性以外の用紙は入っていなかった。

 選挙区の投票箱に入れた男性の用紙は特定不可能で、市選管は総務省と協議し、有効票扱いとすることを決めた。職員は「1票だけなので、やり直せばいいと思った」と話しているという。

 市選管の水岡登喜雄委員長は「投票箱を開けてはいけないのは常識と思い、職員に説明していなかった。大変申し訳ない」と謝罪している。
(2010年7月7日12時32分 読売新聞)



常識としては普通にありえないけれど、
ミスをした女性職員にとっては常識などではなかったのだろうと思う。

マジでカンベンしてほしい。

こういうミスは許されないコトだ。
管理責任者は職員に一からルールを徹底指導するべきだと思う。。

当方も微力ながら愛国のココロで、行動してきた。

ブログなんていう、チャラチャラと書くだけじゃなく
汗流して相当数のポスティングもして、
人とあってココロを砕いてきたつもりだ。

全国各地に国を憂う愛国者が
自分なんかよりももっともっと頑張っている。

そういう人たちの努力も
投票所の現場でケアレスミスされて
ムダになるようなことがあってはカンベンできない。


どうかこの記事を見ている方々にも
当日の投票で用紙ミスや説明ミスなどに
合わないように気をつけていただきたいと思う。

特に比例投票は候補者名でも政党名でもどちらでも
記入可能である「非拘束名簿方式」だというコト。

公選法は1度施錠した投票箱を開けることを禁止。
違反者は3年以下の懲役または禁固、50万円以下の罰金

ぜひとも厳しい処罰で対応してほしい。
民主主義国家の軸となる選挙において
これほどたるんだ事故はありえない。

役所の人間は甘っちょろいと思う。

これ以上、ふざけたミスは冗談でもカンベンしてほしい。

スポンサーサイト
プロフィール

ジャムおやじ

Author:ジャムおやじ
岩手4区の住人です。

最新記事
Flashリバーシ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。