スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子宮けけいがんワクチン公費助成とか。

長妻厚労相大臣が子宮けいがんの公費助成を
概算要求に盛り込む発言をしたらしい。

子宮頸がんワクチンに公費助成=来年度予算で要求へ-長妻厚労相

 長妻昭厚生労働相は4日の参院予算委員会で、子宮頸(けい)がんを予防するワクチン接種の公費助成について、「重要項目の一つとして予算要求をしていきたい」と述べ、2011年度予算の概算要求に盛り込む考えを明らかにした。民主党の桜井充氏への答弁。
 子宮頸がんは、国内では年間約1万5000人が発症し、約3500人が死亡しているという。近年は20~30代の発症が増加している。
 欧米諸国では10代前半を対象に公費によるワクチン接種が行われている。日本でも昨年ワクチンが承認されたが保険が適用されず、3回接種で4万~6万円掛かる自己負担が普及のネックとなっている。一部自治体は助成を始めているが、国の補助を求める声が高まっていた。(2010/08/04-22:26)



子宮けいがんのワクチンは「安全」だという保障がない。

むしろ、永久不妊になる断種ワクチンだという危険性がある。

そもそも性交渉がなければウイルスは感染しないのが
子宮けいがんなのだから、対策を取るトコロのフォーカスがおかしい。

国の財政は危機的状況にあると言いながら、
税金をバカ高いワクチンの接種に助成するコトがわからない。

長妻の言ううコトとやるコトの違うのは、いまに始まったことじゃないけど。
どうせなら、これもミスター先送りで優先的に先送りしてほしいと思う。

子宮けいがんワクチンの危険性については
南出弁護士がその本質を訴えている。

緊急提言! 「危険、ワクチン」

国民は本当のコトを知る権利がある。

コトの本質を理解すれば、このワクチン接種の動きはおかしい。

まずは、ワクチンの安全性を厚労省は掲示するべきであり、
概算要求するのはそのあとにするべきだと思う。

接種ありきで動く流れが不自然であり、間違いだ。

自分はそう思う。

スポンサーサイト
プロフィール

Author:ジャムおやじ
岩手4区の住人です。

最新記事
Flashリバーシ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。