スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秀逸の一冊。

終戦記念日を迎えるにあたって良書に巡り合えた。
この一冊は貴重な価値の高い情報だ。


「朝日新聞が報道した『日韓併合』の真実」 
 ~韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった~


日韓併合の真実

一家に一冊の必携の書だと思う。


水間氏の上梓されたこの本は、
戦前の朝日新聞の掲載された記事を載せて日本帝国の占領下だった
朝鮮が報道とは全く逆の事実だったことがわかる貴重な一冊だと思う。

この本は、非常に客観的に史実を記載している良書だと思う。

なにしろ、当時の朝日新聞の記事がそのまま掲載されているのだから
否定しようのないコトだ。


これを読めば、いかに今の朝日新聞の報道姿勢が歪みきっているかわかる。

同時に、当時の朝鮮の実態が理解できて、
自虐的史観に覆われた報道が、全くウソであるかがよくわかる。

秀逸の一冊だ。


水間さんのサイトで知ったけれど、
アマゾンが出版当日に事実上、売り切れのような表示で
販売拒否したというから、かなり読まれてはまずい本として
圧力と工作がされているようだ。


緊急拡散【検閲・アマゾン窮余選択:アマゾンはここまで日本人を舐めている!】


これは、看過できないコトだ。


こういう腐ったコトをする企業からは、もう買わないコトにした。
本が欲しい時は、紀伊国屋とか他のネットで買おうと思う。


でも、この「朝日新聞が報道した『日韓併合』の真実」だけは
これから、買おうとする人がいれば、この一冊だけアマゾンで買ってほしいと思う。


水間氏もよくここまで朝日新聞・朝鮮版の資料を集めたと思う。
これは、偏向報道に対して、一撃必殺の良書だ。


従軍慰安婦や竹島、強制連行、全くのでっち上げが証明されている。

むしろ、朝鮮は日本のおかげで今があるコトを感謝すべきだ。



いままでの真実を記載して、ねつ造の歴史を正す本は
左派の評論家や朝日新聞に、あれこれと否定されてきた。

しかし、この本は「朝日新聞が報道したコト」を
当時の新聞記事とともに掲載されて、当時を検証しているので
朝日新聞が否定するコトは完全に出来ない。


本当に他に類のない、一冊だ。
読んでいて、興味深く引き込まれた。


この日本は本当に素晴らしいと、さらに誇りに思える。


スポンサーサイト
プロフィール

ジャムおやじ

Author:ジャムおやじ
岩手4区の住人です。

最新記事
Flashリバーシ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。