スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

崔洋一(チェ・ヤンイル)とNHKの醜さ。

NHKの8/14放送、討論番組「日本の、これから ともに語ろう 日韓の未来」での
番組中で、一般参加者の日本人ウェブデザイナーの発言に、映画監督の崔洋一氏が反発。

この時の「歴史を語る資格はない」という発言がネットで拾い上げられているようだ。

しかし、この時のyoutubeが次々とNHKの要請で削除されているらしいが
さらに、逆に、増えているらしい・・・



崔洋一が「客観的に事実が間違っているんだから、否定するのは大人でしょう」
とかなんとか・・。

さて、どちらが正しいかは、言うまでもない。

古屋さんが正しい事実を主張している。

客観的に正しい事実がこの本にある。

日韓併合の真実

当時の事実を朝日新聞が掲載した記事がこの本にある。

これはどうしようもないコトだ。
崔洋一が客観的に間違っている。


朝鮮人は、日本人と一緒に戦った事実がある。
しかも、徴兵に希望殺到して、落選した朝鮮人は
悔しすぎて自決までしたのだから、話は180度違う。


よく、徴兵してくれたと朝鮮人が感謝して
皆、希望して殺到したのが事実。


証拠が掲載されているからどうしようもないよ、崔洋一くん。


それにしても、この番組は収録番組だったようだ。
それでいて、この編集はあり得ない。

古屋さんお隣の隣、労組のおバカちゃんが
「原爆落とされたことは仕方ないこととするのと同じ」とかなんとか。

原爆という戦争犯罪と植民地化という条約締結と
「コト」を同じ土俵で考える左巻き。

みごとに恥ずかしいと思う。


それでも、一般市民なら編集でカットするべきところ、NHKは放送した。


全員、この本を読ませたい。
とくに朝鮮人の崔監督は歴史を語る資格がないとなると思う。


出ている左翼よりも、これを放送したNHKは意図的な
偏向をもって放送していることが伝わる。

司会の三宅さんも「歴史という認識の難しさ・・」って
アホすぎて吹いた。


NHKに受信料を払うということは、
これではとてもじゃないがムリだ。


どこの国の放送局なのか。


それにしても、傲慢な朝鮮人映画監督に侮辱された
古屋さんは頑張ってほしいと思った。

スポンサーサイト
プロフィール

Author:ジャムおやじ
岩手4区の住人です。

最新記事
Flashリバーシ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。