スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尖閣で驚いたコト。

9/29夜に「中国建国61周年記念のパーティー」が開かれて
そこに自民党の二階、加藤、野田、村田、そして茂木までもが参加したようだ。


売国議員の加藤、二階らは行くだろうけれど、茂木もかよ・・・という感じだ。

尖閣のコトやフジタ社員のコトなどある真っ最中に
中国の建国パーティーに行く神経がわからない。

国民感情は考えないのだろうか。

親中派、媚中派の売国奴が集まる場所にみのもんたも。

彼は朝ズバで、「僕なら尖閣は両国でカジノでもつくって北朝鮮から
喜び組を連れてきて・・」とかなんとか。

冗談にもならない話を朝っぱらからペラペラと言って
どうやら反感を相当かったというから呆れてしまう。

なんで日本の領土を「両国で・・」と言ってしまうのだろう。
この時点で、番組鋼板に値すると思う。

youtubeにもUPされているらしい。



建国61年の中国は三峡ダムの崩壊という国家破壊時限爆弾を抱えている。

三峡ダムが崩壊すれば、中国は壊滅。
恐らくここ数年以内にアジア最大の事故が起きるだろうと思う。

原発が3基ほど破壊される予測もあり、
チェルノブイリの百倍以上の被害になるだろうとか。

中国共産党の社会体制はココで自滅になると思う。
国内の内乱は抑えきれないだろう。


中国の繁栄を望む人はいない。
こういう泥棒国家はない方がイイ。

東トルべキスタンやチベットなど隣国を弾圧し、
歴史をねつ造し、民から自由を奪い、
奪うコトだけの繰り返しをしてここまで来た。

先日の尖閣のコトも漁船衝突の話ではないとか。

河内国民文化研究会で西村慎吾が言うところには

海上保安庁の保安官が臨検の為に中国の漁船に乗り移ると、
中国の船員が海保保安官をロープでぐるぐる巻きにして、海に投げ込んだ。
それに対して、船長と船員を逮捕・拘束したというコトらしい。

これにはかなり驚いた。

西村慎吾は自分の発言に責を持って話をするし、
ガセをつかまされて話すような人じゃない。

自分の足で現場に行って、行動する人だから
まず間違いない情報なのだろうと思う。

というコトは、この事故は殺人未遂事件でもある。


もう恐らく多くのジャーナリストは周知のことだろうと思う。
国益のためか、保身のためか、報道には 出てこない。

西村慎吾の話によれば、
間違いなく退役軍人であり、「便衣兵」だということだ。

十分にあり得るし、むしろそれ以外が浮かばない。
訓練を受けた兵士であり、工作活動だろうと思う。


コトが起きたのは9/7。逮捕が9/8だ。
代表選のさなか、投票日まで1週間を切っている。
この計画を彼が知らないわけがない。
人民解放軍野戦司令官の小沢一郎も絡んでいるのだろう。

そして、この情報を米国が知らないはずがない。
大局からすれば、やはり米国だ。


誰が一番に利するのかを考えればわかる。
いつも国家対立の背景と、戦争の仕掛けはひとつだ。


毅然とした対応も当然だけれど、
煽られて感情的になるのは利用させられるだけだと思う。

スポンサーサイト
プロフィール

ジャムおやじ

Author:ジャムおやじ
岩手4区の住人です。

最新記事
Flashリバーシ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。