スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェンダーフリー教育の撤廃・・千葉県教育委員会GJ。

千葉県教育委員会ではジェンダーフリーの教育を撤廃する方針だ。

これは画期的なコトだと思う。
千葉県教育委員会は見事な判断をした。

ジェンダーフリー教育撤廃  

「男女混合名簿」推進せず 千葉県教委通達

2010年06月16日10時29分



千葉県教育委員会が、ジェンダーフリー教育の推進を求めた2001年9月の通知文(01年通知)を、「廃止扱い」とするよう県立学校や市町村教委に対 し、今年5月に通達していたことが15日明らかになった。01年通知は、堂本暁子前知事時代に、「ジェンダー(社会的性別)意識の払しょくと、ジェンダー フリーな学校生活の環境整備。男女別名簿見直しと、男女混合名簿の積極的な導入」などを掲げ、県内の公立学校に送付されていた。今回の通知で、一部の教育 現場で残るジェンダーフリー教育や意識の完全撤廃を目指す。

県男女共同参画課によると、「ジェンダーフリー」とは、「ジェンダー(社会 的性別)に基づく男女間の不平等や抑圧をなくす概念」とも解釈されるが、「男性、女性の区別をなくすという意味で解釈すると誤解を招く恐れもある」とい う。

01年通知の通達後、こうした懸念から県教委は05年3月、「誤解や混乱を招く」としてジェンダーフリーという用語を使わないよう 求める文書を教育現場に通達。

さらに07年3月の通知文では「男女同室宿泊や同室での着替え、混合騎馬戦などは児童生徒に羞恥(しゅう ち)心やとまどいを感じさせる恐れも大きい」などとして、「心身の発達段階を踏まえた適切な対応」を求めた。また名簿の取り扱いについては「市町村教委や 校長が必要に応じて適切に判断する」として、混合、男女別どちらの名簿も導入できるとしていた。

しかし、県教委指導課によると、その後 も一部の教育現場では、01年通知の効力が続いているという認識が残っていたという。

http://www.chibanippo.co.jp/news/chiba/politics_economy_kiji.php?i=nesp1276651770



ジェンダーフリーは子どもの心を破壊させるだけのものだ。
現場では考えられない性教育を教え、性交を教育現場で推進しているようなコトをやり続けている。

これは日教組、社民党、民主党が推進してきたコトだ。

これは教育の崩壊のなにものでもない。
政治とカネの問題以上に許すまじきコトだと思う。

千葉県教育委員会に続いて、全国の教育の現場からこういう正しい判断をされるよう祈りたいと思う。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ジャムおやじ
岩手4区の住人です。

最新記事
Flashリバーシ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。