スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一色さんに感謝。

岩手日報の一面は海保からの映像流出という見出しで

第5管区の海保職員の自供による内容が掲載されていた。


今日にも逮捕されるような記載だった、

これで、いいのだろうか。。犯罪を犯した罪人なのか・・


サーバー上にあって誰でも閲覧可能だった状態。

そこから拡散させたのは海保保安官の一色正春さんという方らしい。


主任航海士は海上保安官の身分証明書を示したうえで、中国漁船衝突の映像をインターネット上に公開したことを明かし、「あれを隠していいのか。私がこういう行為に及ばなければ、闇から闇に葬られて跡形もなくなってしまうのではないか。国民は映像を見る権利がある」「誰にも相談せず一人でやった」などと語ったという。

(2010年11月10日21時25分 読売新聞)



国民が知るべき情報を拡散し、なおかつ、世界に尖閣の

真実を知らしめた行為は、明らかに国益を利する行為だと思う。


国家公務員として、守秘義務を破ったというトコロを切り取って、

機密情報を漏洩させたというフォーカスにさせるのは間違いだと思う。


この事件は、大局に考えるコトであり、

善悪論で判断するならば、大いなる善の行動になる。


国家の危機を情報戦で、自国を守ったのだから

国民的栄誉を与えられるコトになる。


知らしめるべき情報を政府が隠ぺいし、非公開にするという

間違った政府の責任者どもこそが罪にとらわれる話だと思う。


法律というのは、民主主義の中において、

当然、順守されるべきものだけれど規律・法律というのは例外があるものだ。


そもそも法律というのは、人間が作ったものであり、完全なものではない。


一色さんは犯罪者ではない。

国民が真実を知るという行為を行った結果、

あの中国から日本を守る、情報という武器を与えた賢者だと思う。


この人は裁かれることがあってはいけない。


裁かれるのは、菅直人と仙谷由人の方だ。


自分は一色さんに心から敬意を表したい、


自分はそう思う。


スポンサーサイト
プロフィール

Author:ジャムおやじ
岩手4区の住人です。

最新記事
Flashリバーシ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。