スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国家公務員法違反とか。

どこの報道でも、映像流出の事件で

犯罪者か英雄かの意見が分れるところを放送している。

ネットでも同じように書き込みがあるようだ。


国家の機密情報を個人の判断で漏えいさせたコトは許されないとか。


こういうコトを書くヤツは、目線が左を向いているのかわからないけど、

そういうコトを書くヤツ、思うヤツらに聞きたいと思う。


では、国家の機密情報を勝手に個人判断で漏えいさせたというその結果、

どのようなコトになったのだろうか?それをどう理解しているのだろうか?

国家が機密情報を非公開にさせていたコトで、

国家の状態はシナとどういう状態にあったのか?しっかり覚えているのだろうか?


文脈もそのあとの結果も見ないで、「行為」だけを切り取るから

否定する考えしかでてこない。自分には信じられないコトだ。


一色さんは、ならぬコトを承知の上で、国を想う行動に動いた。

カンタンなことじゃない。家族を犠牲にして、覚悟を持って行動した。

それを感謝も出来ずに罪人呼ばわりするヤツらはどこを見ているのだろう。


どれだけの国益を与えたのか計り知れない行動だ。

シナはこれで尖閣事件をねつ造出来なくなった。


否定論者は「正しさ」の基準を法律に合わせている。

肯定論者は「正しさ」の基準を結果に合わせている。

しかし、肯定論者は法律を無視してイイというコトを言っているわけじゃない。

あくまでも今回の場合は、法律という枠などを軽く超えたトコロにある。


日本国に大きな利益を与えたというコト、それも極めてスゴクデカイ。

国を救うという行動と、その結果をみないで、

国家機密情報漏洩、国家公務員法違反とか、ちゃんちゃら笑ってしまう。


一切の負の結果が存在していない。

犯罪だというならば、どのような害をもたらしたのだろう。

否定論者に目線を合わせて、言うならば、今回の機密情報は機密する

必要のある性格の情報ではない。映像内容は見ての通りのモノだ。

あの映像の管理状態が誰でも見られる状態だったのはそういう意味だ。

機密になったのは、シナの船長を釈放したあとのコト。


この責任は仙谷と馬淵にある。

むしろ、国家的犯罪はコッチだ。


一色さんを「英雄」「国士」「義士」と称える言葉も多い。

どれが適当かはわからないけれど、

決して法律で裁かれるような性質のものじゃなく、

大きな国益を利する行動に、心から感謝と敬意を表したいと思う。


そして、まだ表に出ていないシナ船検挙の映像が

近いうちに流出されるコトを期待したいと思う。

それこそが日本人が本当に知るべき真実があると思う。

その時がくれば、国家公務員法違反とかいう否定論者の

ヤツらもきっと、目が覚めると思う。








スポンサーサイト
プロフィール

ジャムおやじ

Author:ジャムおやじ
岩手4区の住人です。

最新記事
Flashリバーシ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。