スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新潮とか。

週刊新潮で一色さんの顔が掲載された。

庁舎から出てきたときに多くのフラッシュを浴びた

一色さん本人も覚悟はしたと思う。


でも、こういう掲載の仕方は残念に思う。

掲載記事の内容でも、「英雄か」「英雄気取りか」という

コトバが載っている。


週刊誌ならではの書き方だ。


英雄というコトバが適切かどうかはわからないけれど、

自分からすれば、英雄以上だと思う。


外交に直結する問題を、自己犠牲を覚悟で行動に移した。


世界はこの映像の事実を見ることができた。

シナはこの問題に、あの時点から何も言えなくなった。


もう少し、行動の本質を主張する報道はないのだろうかと思う。

国民がみたい、知るべき情報を提供したというトコロより、

外交直結する領土主権の問題から国家を救ったという事実。

これが国士。英雄。と言われるトコロだと思う。


そして、まだある検挙時の映像の存在。

一色さんの行動が伏線となり、この行動が抑止作用になる。


服務規程違反は仕方ない。しかし、彼は何も

面白おかしく騒ぐために流出させたわけじゃない。


違反で処分覚悟での行動は、何か自己利益になることがあったのだろうか。

家族も犠牲になって、本人も職場にいられなくなるほどのコト。

一色さんのリスクは高い。それでも、彼は行動した。



シナが怖いのは、国を憂う日本人が自己犠牲をもって、

国を守ろうとする行為だと思う。








スポンサーサイト
プロフィール

ジャムおやじ

Author:ジャムおやじ
岩手4区の住人です。

最新記事
Flashリバーシ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。