スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑えない二人。

予想通りの敗戦だった。
W杯直前の日本最終親善試合、日本VS韓国。
結果を出す、と言って、当然の結果だった。

何をしたいのか、最後まで分からないのが岡田監督。
何をしたいのか、初めから何も考えていないのが鳩山ポッポ。

W杯直前の表敬訪問とかなんとか。。。
崖っぷちツートップ・・・という画像。
岡田武史監督(右)から首相と幸夫人の名前が入ったユニフォームを贈られる鳩山由紀夫首相 =25日午後、首相官邸(酒巻俊介撮影)

笑えない。
組織の結果はトップに責任が99.9%ある。
二人とも、自ら辞任するに値する「結果」が出ている。

岡田監督は韓国惨敗のあとに、サッカー協会の犬飼会長に
「つづけていいんですか?」と聞いたと話した。
こういうことは、普通あったとしても口外しないものだと思う。
この事実を知った闘いに臨む代表選手の心はどうなのだろう。
自分ならとてもじゃないが、信頼も尊敬もない。
むしろ、敗戦の結果は甘んじて受けるが、W杯は絶対に勝つという
高い意識だけを持って、今、やれることやるべきことにフォーカスするだけだ。
続けていいんですか?などと聞くならば、始めから辞表を出せばいい。
それが覚悟と責任なのだと自分は思う。

彼はホントに選手を理解していないと思う。
この行為は代表選手に失礼な話だ。

二人に共通というか、ポッポは論外だけど、
岡田監督はビジョンがない。
戦略に欠如していては戦術で補えない。

ベスト4を目指す、と言ったけど、ベスト4まで行くなら
7試合あるわけで、7つを闘い勝ち続けるためのやり方で
肝心なサイドバックの選手がたった3名ってありえないと思う。

5名は欲しい。じゃなくても、サプライズで川口GKとかするなら、
1名でもサイドバックの選手を追加すべきだ、
単なるサプライズならカズにすれば受けはもっと良かったろうと思う。
どのみち闘う準備が整わないで、イイ結果が出るわけもない。

今更ながら、韓国戦の惨敗は得るものがないどころか、
積み上げてきたものさえ失くしてしまったと俊輔が言うように
内容が悪すぎた試合だった。見たくない試合だった・・・
ここに来て、この結果も内容も一番あってはいけない試合。

ポッポはもう言うことがない。
さっさと消えてほしい。

W杯で一勝でもしたら岡田監督には詫び状を書こうと思う。
全敗なら、協会会長は辞任が当然になると思う。

本気で闘いに挑む人間は必ず覚悟を持っている。

二人にはそれがない。
日本の代表指揮者として、情けないコトだと思う。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ジャムおやじ
岩手4区の住人です。

最新記事
Flashリバーシ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。