スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元服式とか。

ずいぶん冷え込む寒い日だった。。

岩手よりも日本海側の方がキビシイ寒さのようだ。


元旦に岩手の久慈の海岸で波にさらわれた小学生が

遺体で今日発見されたようだ。

福島県相馬市の11才の男の子だった。


海底に沈んでいたという。。。


コトバもない。


時間がかかり過ぎて、それでもキセキをどこかで祈っていたけれど、

残念なコトになった。。


それでも、遺体が上がったコトは幸いかもしれない。

11才で今生を終えた男の子の冥福を

心からお祈りしたいと思う。




岩手の大船渡では元服式が行われ15歳の子どもが参加したようだ、

岩手 15歳が伝統の元服式
1月10日 17時37分 NHKニュースより
成人の日に合わせて、岩手県大船渡市で、15歳になった中学生に大人の自覚や心構えを伝える、伝統の「元服式」が行われました。
岩手県大船渡市の「元服式」は、江戸時代の終わりから150年以上続く伝統行事です。地元の公民館で行われた式には、昔の元服の年に当たる15歳になった中学生の男女16人が、拍手に迎えられて入場しました。式では、保存会の人が「親孝行は我が子孫のため」といった30か条の定めを読み上げ、大人の自覚や心構えを伝えました。中学生たちは定めを守ることを誓い、昔は血判を押したとされる誓約書に、指で判を押して、ジュースで契りの杯を交わしました。中学生たちは「長い歴史がある式に参加できてうれしいです。これからは私たちが伝統を受け継いでいきます」とか、「実感は湧きませんが、これからは責任ある行動をとっていきたいです」などと話していました。



未来の希望にあふれる子どもたちに、伝わる伝統の元服の式は素晴らしいと思う。

郷土を愛し、国を愛するココロを持って、

立派な大人になってほしいと思う。


成人式に酒飲んで、暴れるような沖縄の若者より

中学で元服し、純粋かつ誠実な成長を期待させる北の子どもたちの方が立派だ。


事故や病気などで不幸にも他界された子どもたちの分まで

どうか大いなる人生を歩んでほしいと思う。

スポンサーサイト
プロフィール

ジャムおやじ

Author:ジャムおやじ
岩手4区の住人です。

最新記事
Flashリバーシ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。