スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩手県知事の傲慢

岩手のタッソ知事が吠えたらしい。

民主・小沢氏処分 岩手・達増知事が党本部を痛烈批判

民主党が小沢一郎元代表を「党員資格停止」処分とする方針を打ち出したことについて、小沢元代表の地元・岩手県の達増拓也知事は15日の定例記者会見で、「独裁的」「支離滅裂」と党執行部を痛烈に批判した。処分が正式に決まれば、県連の体制や統一地方選への影響も懸念されるが、知事は「岩手は民主の本家だ」と一蹴した。
 処分方針での見解を問われた達増知事は開口一番、「言い表すのにぴったりなのは恣意(しい)的、専制的、独断的だ」と、党執行部を切り捨てた。
 民主党籍を持ち、小沢元代表を政治の師と仰ぐ達増知事。統一選への影響について「小沢氏のいる『岩手に学べ』と党はハッパをかけるのが当然。このままでは岩手以外はめちゃくちゃになるんじゃないか」と指摘。県内より県外への打撃が大きいと持論を展開した。
 自身が再選出馬を表明している知事選(3月24日告示、4月10日投開票)では「支離滅裂な政権と戦うことに無駄な時間を費やせない。住民本意の活動に頭を巡らせ、誇るべき岩手の民主の旗のもとでやっていく」と強調した。
 小沢元代表は現在、党県連の代表を務める。関係者には「党員資格停止となれば、代表を続けられるのか」との不安視する声もあるが、県議選の立候補予定者らは、処分問題を冷静に受け止めている。
 小沢氏のお膝元、奥州選挙区の新人は「有権者から『政治とカネ』の問題より、農業問題など民主党の政策について注文を受ける」と話す。北上選挙区の新人も「小沢氏が党員資格停止になっても、自分の選挙が左右されることはない」と強気の姿勢を見せた。


2011年02月16日水曜日



タッソ知事の傲慢な本音が出ていると思う。

>統一選への影響について「小沢氏のいる『岩手に学べ』と党はハッパをかけるのが当然。このままでは岩手以外はめちゃくちゃになるんじゃないか」と指摘。県内より県外への打撃が大きいと持論を展開した。

ここはズバリ、タッソの傲慢さとおバカさが両方出ている発言だと思う。

一言で言うと、「俺は当選するけれど、ほかの地方では惨敗するだろう」と言っている。

岩手に学べ・・・って小沢に学べということなのだろう。

吠える犬ほどナントカだけれど、このおバカ犬いや、小沢いぬが

足元を固めようと必死だ。ついでの岩手4区の新人民主の犬も強気らしい。。


こいつらに今の予算委員会を見て、それでも言えるかと言いたい。

民主のおバカな答弁連発。

戦後最悪の政権だと思う。


小沢はもう終わってるし、陸前高田までわざわざ出かけて

小さな市長選まで落選しているんだから、「岩手に学べ」とはもう言えない。


いい加減、民主=岩手 はカンベンしてもらいたい。

今度の統一地方選は民主が崩壊する選挙になると思う。


民主党のマニフェスト、公約の何が出来たのかタッソ君に答えていただきたいと思う。

県民をなめるのもいい加減にしてもらいたい。

岩手が日本の国益を害し、岩手が日本の政治をダメにしている。

岩手が変わらないと日本が変わらない。


自民党が対抗馬に誰を知事選に向けてくるかがどうしても重要になる。

そろそろ、ワタミの社長のように出馬する人が岩手選にも出てほしい。

小沢の犬が知事であるうちは、岩手は最悪だと思う。



スポンサーサイト
プロフィール

ジャムおやじ

Author:ジャムおやじ
岩手4区の住人です。

最新記事
Flashリバーシ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。