スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渡辺美樹立候補とか。

渡辺美樹さんの出馬の会見映像を本人のブログで見た。

非常に彼らしいと言っては失礼だが、

経営者らしい夢にあふれて、「成功者」らしい感じがした。


今までの経営で成功された自信と

希望ある思いを表現しようとしているのが伝わる。

彼の何冊ものを本を読ませてもらい、とても勉強になっている自分は

素直に応援したい気持ちはある。


このデフレ経済下で、多くの事業を成功させ

社会に貢献してきた事実がある。

並みの経営者じゃない。


マネジメントのプロだと思う。


日本という国家の行く末を考えた場合に、

国家に影響を与える自治体は東京しかないという点は同意する。


彼は「今までお金をもらうありがとうを続けて25年やってきた

でも、これからお金をもらわないありがとうを行う」といった内容の

都知事へ立候補する理由というものを話した。


今まで言ってやってきたことと文脈が一致するから共感できた。

また、経営という視点、ミッション、ビジョン、戦略、

フィロソフィの軸があって、やりたいことが明確に伝わる。

非常にパワフルで、素晴らしいと思う。


そこは、経営で居酒屋だけじゃなく、介護事業、農業、

医療病院、学校経営、非特定営利法人、と異種多業を行って

見事に成功させている事実は裏付けになると思う。

渡辺さんは自分の存在対価値について自分をみつめて上梓している。

こういう「経営者」を超えた「経営哲学成功者」はそうそう存在しない。


とはいっても、表に出ていることしか知らないということも事実で、

いろいろとキレイごとじゃない事故や事件も隠れている可能性もある。

そういう意味においては、そのまんま東でも知事になれるのだから

向かうところのココロの強い思いが有権者をつかめば勝つかもしれない。


でも、もっと強い国家観というものをストレートに表にしてほしいと思う。

政治の世界に入る以上は、誰にでも愛されるお店づくりの論では

やっていけることじゃないと思う。


今までワタミを愛したお客様も

ここからは逆に、離れて敵にしてしまう覚悟もリスクを持たねばいけない。


当然のことだと思う。

東京都をどうしたいかということと当然大事だけど同時に、一人の首長として

政治家として、日本はどうあるべきかという思想を表明する必要がある。


それは、この岩手4区の小さな市の市議でも変わりない。

日本の政治家の一人として、

国家観を語れる事は当然のコトだと思う。



まして都知事への候補者ならば、

新都銀の問題や築地移転のことよりもっと大事な

靖国参拝、地方分権、TPPへの参加などは明確な意思を

聞きたいと思う。


社会保障や財政に関するところの問題は経営力を

もって対応することで良くできるという点は共感できるけど、

逆にいえば、強みは「経営力」だけで、政治は素人だ。


そのまんま東は知事就任してすぐに県産の販路を拡大した。

セールスマンとしては結果を出したが、口蹄疫では

行政の危機管理の遅れは本当に最悪だった。


ここがキャリアのない、素人の差だと思う。

ここ数年、東京には必ず有事が発生する。

経営力より、危機管理の対応力が重要になると思う。


もしも、石原が立候補すれば、12年生と1年生の大差は大きすぎる。

人間的には、渡辺美樹の方が好きだけれど、

現実的に、そして、総合的に鑑みれば、

2015年までは石原に努めてもらう方が国益だと思う。


どんなに素晴らしい経営力でも、

「地方分権派」や「道州制論者」であればダメだ。、


正しい歴史観から国家観が成り立つと思う。

この国の在り方は、中央集権でないといけない。

分権、または地方に主権とかいう時点で、失政が国を滅ぼす。


来月になれば、またいろいろでてくるかもしれないけれど、

稲盛、丹羽と優秀な経営者が見事におバカぶりを政治で発揮した以上、

もう、これ以上は見たくない気持ちは強い。


二番じゃ駄目ですかの、ホウレンソウ大臣は無知で一番だろうと思う。

こんなのが立候補したら、ワタミで働けといいたいと思う。


スポンサーサイト
プロフィール

ジャムおやじ

Author:ジャムおやじ
岩手4区の住人です。

最新記事
Flashリバーシ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。