スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子宮けいがんワクチン希望殺到とか。

子宮けいがんのワクチンが希望者殺到で制限されているという。


子宮頸がんワクチン:2回目以降接種を優先…希望者殺到で
国の子宮頸(けい)がんワクチンの公費接種事業で、希望者が殺到してワクチンの供給が不足し、製造販売元のグラクソ・スミスクライン社が今月に入り、出荷を制限していることが分かった。グ社から連絡を受けた厚生労働省は7日、当面、初回接種者への接種を差し控え、2回目以降の接種を優先するよう全国の自治体に通知した。

 接種事業は10年11月から始まり、12年3月まで原則として中1~高1の女子を対象に行う。グ社は今年1年間で400万回分のワクチンを製造する計画だが、今年に入り注文が急増、在庫が逼迫(ひっぱく)したという。グ社広報部は「多大なご迷惑をおかけしている。7月下旬には通常の接種体制に戻すよう努力したい」としている。子宮頸がんワクチンは半年間に計3回の接種が必要なため、厚労省は既に接種を始めた人を優先させる。また、12年3月末までに1回目の接種を受けられなかった高校1年生が同4月以降に1回目を接種した場合でも、当面、公費接種の対象にすることにした。
http://mainichi.jp/select/science/news/20110308k0000m040039000c.html



なんとも残念なコトだと思う。

このワクチンの危険性を知らないで、『予防』という概念に加えて

『公費助成』という状況が無知な親を駆り立てたようだ。

幸いにも初回接種者を差し控えるというところは、なんとか

接種しないように真実に気づかれるコトを祈るばかりだ。




どうかこの子宮けいがんワクチンの危険性を多くの人に知ってもらいたい。

一度接種したら、取り返しのつかないコトになる。

泣くのは接種された子供・学生ら。

南出さんが言うようにワクチン全て百害あって一利なし。


ひとりでも多くの方が、子宮けいがんワクチンから離れるコトを

心から祈りたいと思う。



スポンサーサイト
プロフィール

ジャムおやじ

Author:ジャムおやじ
岩手4区の住人です。

最新記事
Flashリバーシ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。