スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大橋寛明裁判長が国歌斉唱拒否の教員認める。

腐っているのは政府だけじゃなく、司法も腐りきっているようだ。


1月に東京都教職員の国歌斉唱拒否の教員の敗訴があった時は

タリメーだろうがと思い、書いた記憶があるけれど、

それが上告して、なんと東京高裁で逆転勝訴になるという判決になった。。

国歌斉唱せず懲戒…東京高裁ほぼ全員取り消し
読売新聞 3月10日(木)15時29分配信
入学式や卒業式で国歌を斉唱しなかったことなどを理由に東京都教育委員会から懲戒処分を受けた都立学校の教職員ら計168人が、都に処分の取り消しと1人当たり55万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が10日、東京高裁であった。

 大橋寛明裁判長は、請求を棄却した1審・東京地裁判決を変更し、ほぼ全員の処分を取り消した。賠償請求は棄却した。

 都教委は2003年10月、都立学校の各校長に対し、式典での国旗掲揚や国歌斉唱を適正に行い、校長の職務命令に教職員が従わない場合、服務上の責任を問うとする通達を出した。教職員らは同年11月~04年4月の式典で国歌斉唱の際に起立しなかったなどとして、戒告や減給の処分を受けた。教職員側は「通達に基づく職務命令は思想・良心の自由を保障した憲法に違反する」と主張していた。

 また、ピアノ伴奏を拒否し、戒告処分を受けた元小学校教諭ら2人が処分取り消しなどを求めた訴訟でも、同高裁は同日、請求を棄却した1審・東京地裁判決を変更し、処分を取り消した。



ココはどこの国かと聞きたい気持ちだ。

大橋寛明裁判長 という名前は覚えておこうと思う。

教育の原点は愛国心だと思う。

自国の国歌を斉唱しない教育の現場があることが異常だ。

そんなヤツらは教員免許停止と言うくらい厳しくするべきだ。

ところがどっこい、なんと裁判で認めるというあり得ない判決。

どんだけ腐っているんだ。

この判決には国民は怒るべきだと思う。


思想の自由とか、そういう言葉にすり替えるのが反日教師の

常套論法だけれど、自由の前に愛国を教育する義務がある。


お門違いも甚だしいと思う。

しかし、もっとも最悪なのはこの判決を下したヤツだ。

大橋寛明裁判長、この判決は看過できない。

ここまで司法は腐ってる。


腐敗した政治よりも、この間違った判決の罪は重いと思う。

スポンサーサイト
プロフィール

ジャムおやじ

Author:ジャムおやじ
岩手4区の住人です。

最新記事
Flashリバーシ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。