スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お前らやめさせてやる・・とか。

「俺たちの指示に従えないのなら、お前らやめさせてやる」の発言した海江田。
海江田


副知事の猪瀬さんのブログを見て驚愕した。

なんという恫喝だろうか。

海江田大臣が恫喝したのはトンデモない思惑があるからのことらしい。

coffeeさんのところで記載しているこの海江田発言の背景には、

コトの流れを時系列にすると、中国の三一工業のポンプ車を使うために

わざと4時間しか放水できないのを7時間放水しろと執拗に要求して

結果、放水車のエンジンが焼きつき、中国の三一工業のポンプ車を使用する

手配となっているようだ。。

(一部転載)

おそらく、政府民主党は、岡田克也の選挙区の三重県四日市市の「中央建設」と、支那の「三一重工」(SANY)の、52メートルや62メートルのアームを持つ巨大ポンプ車に活躍してもらいたいのだろう。

だから、政府は、東京消防庁に、放水車が壊れるような命令をしたのだろう。


【時系列まとめ】
―――――――――
3月17日~18日
三重県四日市市(岡田克也の選挙区)の「中央建設」が国内に3台しかないという52メートルのアームを持つポンプ車の提供を国に申し出た。

3月19日
支那の「三一重工」は62メートルのアームを持つポンプ車を、緊急に福島に向かわせた。
支那メディアによると、この巨大なポンプ車は1台約8500万円で、東京電力が「購入したい」と湖南省の三一重工に要請したとされている。 (3月21日、日テレが「寄贈」と報道)

3月19日
政府が東京消防庁に対して、ホースの設置ルートを遠回りにするように執拗に要求。
また、4時間限度の放水を連続して7時間放水し続けるよう執拗に要求。
その際、海江田万里が「速やかに従わなければ、お前らやめさせてやる」と恫喝!
その結果、放水車の1台がディーゼルエンジンを焼き付かせ使用不能となった。

3月20日
夜、三重県の「中央建設」の52メートルのアームを持つポンプ車が福島に向けて出発、既に福島県に到着。

3月22日
支那の三一重工のポンプ車が上海の港を出発し、大阪港へ向かう予定。

3月24日
支那の三一重工のポンプ車が大阪港に到着する予定。
大阪からは陸路で福島第一原発を目指す。
―――――――――



この民主党政府の災害の対応のひどさは、無能、無知だけじゃなく

あえて日本を崩壊させるためとしか思えない故意に状況を悪化させる

ような言行をしている。



自分にはそうとしか思えない。


いづれにしろ、中国製のポンプ車が原発の現場で

横転などしたら、トンデモないことになってしまう。

自分もすぐに意見を伝えた。


声の届け先

首相官邸・ご意見募集
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
(電話03-3581-0101)

各府省への政策に関する意見・要望
http://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose

民主党・ご意見フォーム
http://www.dpj.or.jp/header/form/contact.html
(電話03-3595-9988)

自民党に物申す!
http://www.jimin.jp/jimin/goiken/index.html

国民新党
http://www.kokumin.or.jp/opinion/




この内閣は根っからの『売国内閣』だと思う。

海江田の言行は絶対に許されない。

自分はそう思う。


スポンサーサイト
プロフィール

Author:ジャムおやじ
岩手4区の住人です。

最新記事
Flashリバーシ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。