スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口蹄疫、責任回避

岩手日報の一面に月内不起訴処分へと書いてある。
小沢一郎が再度、不起訴処分になるようだ。
どうせ、そうなるだろうと思っていたけど、残念だ。
検察審で再度、起訴相当になれば「強制起訴」になる。
参院選の前に決まるだろうと期待したいと思う。

鳩山ポッポが口蹄疫の問題で、責任追及を逃げる発言をした。


責任追求より、対策強化が先決・・・首相

鳩山首相は19日午前、宮崎県での家畜伝染病「口蹄疫(こうていえき)」 問題で、野党が赤松農相の初動が遅かったなどとして政府批判を強めていることについて、「どこに責任があるとかという話以前の問題として、まず感染の拡大 を食い止めることが重要だ」と強調した。

責任追及より防疫対策強化が先決だとの考えを示したものだ。首相公邸前で記者団の質問に答えた。

自民党の石破政調会長は19日午前の記者会見で、農相が自らの対応に関し「反省するところはない」と発言したことに対し、「結果責任がある。非常 に見苦しい」と批判した。

2010年5月19日12時34分  読 売新聞)


外遊より防疫が先決という姿勢でコトに対応するべきだったろう。
いまさら、対策強化が先決などという資格はないと思う。

初動対応が遅れた責任は絶対逃れられない。
これは、赤松だけじゃなく、3月に水牛が感染していることに
見過ごしていた宮崎県の責任も当然あると思う。

そういう意味では、宮崎県知事の責任もあると思う。
10年前の2000年に口蹄疫が発生した当時の小渕内閣では
35頭の感染で3カ月で収束させた経験があるのにも関わらず
たった10年で忘れてしまうようなトンデモ行政ではお話にならないと思う。

11万頭の感染家畜はまだ拡大するだろう、
殺処分した家畜はまだ2万数千しかない。そしてワクチン対応で
いづれ全頭殺処分になる。初動で100億の出動を決定し、対応に
向かっていればここまではなかったと思う。
本当に宮崎のみなさんが気の毒で仕方がない。

誰も責任とらないでは済まされないし、済ませてはならない。

民主党は何もかも責任回避ばかりだ。
そもそも「脱税」しておいて、総理の座に居座るポッポ自体がありえない。
それに協力するマスコミもスルー。

これも岩手4区が小沢一郎を出した責任だろうと言われたら、
返す言葉もない。岩手4区の罪は大きすぎる。

全くその通りです。。とお詫びしなければならない。

それでも、どうかこの口蹄疫がこれ以上拡大しないように
心から願う気持ちは罪の大きさと同じくらいに感じている。


スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ジャムおやじ
岩手4区の住人です。

最新記事
Flashリバーシ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。