スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩手在宅避難2万4千人。

今朝の岩手日報一面の見出し、

「在宅避難2万4千」


3月末の調査で岩手県被災者総合計が 49.020名。

内訳では、

避難所⇒ 24.693名

在宅避難⇒24.327名


ほぼ半数が在宅での避難であることがわかったらしい。


在宅避難が一番多いのが


陸前高田 9757名

大槌町  6848名

大船渡  3492名



在宅避難の生活に耐えている被災者は食糧が尽きている。

隣のウチから食糧をわけてもらったり、食糧のほかにも

水がなくて困っているトコロが多い。


在宅避難している人たちは

救援物資を我慢して遠慮している傾向もあるらしい。


家や家族を流されてしまったり、

寝るトコロに困っている人たちのほうが

自分らより厳しい、苦しいと想いやる心からのようだ。


そうしているうちに、避難所よりも在宅避難の方が

食糧や飲料がなくなり、途方に暮れるところも出てきている。


なんということだろう。


足腰が不自由で、避難所までいけない人もいる。

どうか、こういう在宅避難している被災者を

飢えて困っているところから救って欲しいと思う。


避難所と在宅の格差が生じるのは仕方がないけれど、

今はある程度、避難所の方が状況が落ち着いて

仮設住宅の建設や入居なども進んでいる。


半数近くの在宅2万4千の人がまだまだ困っていると思う。

支援物資の配給のスピードをあげて、

全国の善意が届くように行政は対応して欲しいと思う。


東京では桜も満開のようだけれど、

岩手は昨日も午前中に雪が降った。


早く厳しい寒さが緩くなってくれればありがたい。

自分はそう思う。


スポンサーサイト
プロフィール

Author:ジャムおやじ
岩手4区の住人です。

最新記事
Flashリバーシ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。