スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口蹄疫被害7万頭以上

政治評論家の森田実氏は「二兎を追う者は一兎をも得ず。スポーツで成功した人は一芸に秀でていて、国会議員に専念すればタレント議員やパフォーマン ス議員よりも成長する可能性はある。しかし、政治家というのは最も専門的な仕事なので、専念できない人は立候補すべきではない。柔道もそんなに甘いもので はないだろう。人間の生き方として間違っている」と一刀両断。

さらに、「民主党議員には、憲法の条文も知らず国会議員になるような、無責任国会議員が非常に多い。そんな国会議員を乱立する小沢氏のやり方はとんでもない。次の五輪を目指す人を擁立するのは傍若無人、理不尽、不見識だ。有名人 をやたらと引っ張ってきて、隣に座ってニコニコしているような政治をやっていいのか」と小沢氏の手法を批判した

2010年05月11日17時00分 / 提供:ZAKZAK(夕刊フジ)


いろいろと批判が出てきているようだけど、当然だと思う。
片手間で国会議員になって、年収2000万。
生き方が間違っていると言うのは、おっしゃるとおり。
小沢のやり方はとんでもないも、おっしゃるとおり。
国会議員になるには、資格試験とか、議員秘書を3年以上とか
なにかしらの条件を付けるべきだと思う。

さて、そんなおり、ようやく宮崎に赤松農水相が行ったという。
口蹄疫の事態は悪化し、すでに7万頭の被害になっている。
遅すぎる現地入りの心も赤い、赤松農水相は場外バトルをしたらしい。


口蹄疫(こう・てい・えき)問題で宮崎県入りした民主党の赤松広隆農林水産相と東国原英夫知事との県庁での会談。その席には、県選出の自民党の古 川禎久衆院議員(宮崎3区)と同党の松下新平参院議員(宮崎選挙区)も同席していた。畜産家が悲鳴を上げている緊急事態を受けての会談。その席で、口蹄疫 そっちのけの与野党・場外乱闘の口火が切られた。

会談の終盤、古川氏が発言を求めた。

「(自民党は)これまで政府に再三対策を申し入れていた。1例目発生から3週間にあたる」

これに対し、赤松農水相は「自民党の同席は構わないが、『おれの意見も聴いてくれ』とやり出すと、与党も野党も(発言し合うこと)とな る」と遮った。

すると、古川氏は、声を荒らげ、「じゃあ、何しに来たんですか!」と発言。

見かねた知事は「冷静に」「冷静に」――。

この流れの中で赤松農水相は「参院選前だからみんな色々言いたいことはあるんだろうけど、それぞれの(国会の)委員会で」と発言した。

会談は知事の「もう時間がない」との仕切りで終了したが、席から立ち上がったところで、今度は松下氏が声を荒らげ「僕は(夏の参院選の) 対象者。(赤松農水相は)『選挙目当て』と言ったが失礼なことを言わないで欲しい」と訂正を求めた。が、赤松農水相は「訂正はしない」と応じなかった。

聞いていた県幹部は「恥ずかしい」と顔をしかめた。

(asahi.com みやざき)より


衆院選の時には民団の支持をいただいたと認めた赤松農水相が
自分のことを棚に上げて、この状況において、
自民党議員を選挙対策と揶揄するにはあまりにもひどすぎると思う。
危険だと指摘されている韓国産の牛をムリヤリ輸入解禁にしたのは
民団始め、韓国に対する配慮から行われたものだろう。

事件を起こす要因をつくり、初動対応も全くしない。
事実3週間もほったらかしにして、被害拡大させた人災でもある。
その責任は大きい。農水省大臣としてあるまじき話だ。

口蹄疫は蹄のある動物には感染する。
今の状況からは、競馬や動物園などにも被害拡大する可能性はある。

無責任な内閣にモノ申すは、自民党議員だけじゃない。
外遊して帰国して、お詫びもなく、居直る態度には勘弁ならない。

もしも、これが前政権の自民党だったら、今頃は大問題。
大臣の更迭はもちろん、総辞職なみの事態になっているだろうと思う。
今の民主党政権は、何が起きても、誰も責任はとらない。
沈静化を待つ。けじめなど必要ないというヤツらばっかりだ。

これも、全ては小沢の独裁によるものであり、
つまりは岩手4区の責任でもある。。。

ということは、棚に上げているのは自分ということか・・

宮崎の県民のみなさまに伏してお詫びしなければならないと思う。。





スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ジャムおやじ
岩手4区の住人です。

最新記事
Flashリバーシ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。