スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反対は敗北主義だとか。

民主党もダメ、自民党もダメ。


だから、みんなの党を選ぶおつむてんてんの人は必見。


TPP推進の江田けんじ議員のブログから引用。

TPP、敗北主義でいいのか!・・・出るわ出るわの被害妄想
2011年10月23日  tag:
 今日、「新報道2001」でTPP反対派と議論した。あらためてTPPについては、「今週の直言」で詳細に論じたいが、まあ出るわ出るわ、今の参加9カ国の中で、議論にすらなっていないことまで持ち出して、国民の不安を煽るわ煽るわ。

 大半は、農業だけでは旗色悪しと判断した農協が、他の分野にまで対象を広げて仕掛けているものだが、あえて「TPPの幻影」を作り出し、シャドーボクシングをしているに等しい。TPP反対派の議員の中にも、この「作為性」を内々には認める議員も多い。

 例えば、医療では、国民皆保険があぶない、混合診療が解禁される、株式会社の参入を求められる、、、。そりゃあ、交渉事だから「可能性ゼロ」とは言わないが、既存の二国間FTAにも、EUといったより強い連合体でも、社会保障制度は対象外だ。また、仮に議論が出されても、TPP参加国の間でこれほど制度自体も違い、その熟度も違う制度もない。合意できるわけがないのだ。

 食品の安全基準にいたっては、WTOの「衛生植物検疫措置」(sps)で、各国の権限、独自性が認められ、P4(TPP提唱国)でもそれが明確に確認されている。それでも万一、何か米国が提起してきたら、明確に「NO」と言えばいい。

 ただ、反対派の不安もわからないではない。それもそのはず、日本は交渉にすら参加していないので、その情報は、参加国から「取材」してとるしかないのだ。役人が隠している、といった次元の問題ではない。その意味でも「交渉」には参加して、正確な情報をもとに、日本の国益に照らしながら、主体的にルールメイキングを主導していく必要があるのだ。

 しかしまあ、今日、議論して、反対派の底流にあるのは、日本政府の交渉力のなさ、それへの不信感だということがよくわかった。交渉参加=米国流のスタンダードを押し込まれる。過去の日米交渉にそうした事例があったことを私は否定しないが、政治家、特に、今政権与党の政治家がそう言うのは、自らの能力のなさ、政治的リーダーシップのなさを認めるようなもので、聞いていて情けないやら、悲しいやら。

 勝負に出る前から負けを覚悟しているような「敗北主義」では、この問題に限らず、日本は将来、三流国、五流国、さらには朽ち果てていくしかないだろう。




推進派の考え方が象徴されている記事だと思う。


社会保障制度が対象外であり、合意できるわけがない・・とか

何か米国が提起してきたら、明確に「NO」と言えばいい。・・とか

日本の国益に照らしながら、主体的にルールメイキングを

主導していく必要があるのだ。・・・とか。



恐れを知らない子どものようなおめでたさにビックリした。

カンタンに考えるピーマンのようなおつむてんてん。


主体的にルールメイキングは絶対にできないと判断できないレベル。


9対1 になるコトくらいど素人でもわかる。


というか、議論になっていないことまで持ち出して不安になるというくだり。


日本が交渉に参加していないから議論になっていないわけであり、


交渉参加したら、議論して引くことはできないことくらい


国際上の状況から誰でもわかると思う。



それでも、江田議員はこのTPP反対の動きを「敗北主義」と

片づけているから、あきれてしまう。



見つめるコトをしないで安直に「みんなの党」を選んだ人には


この機会によく見つめてほしいと思う。




スポンサーサイト
プロフィール

Author:ジャムおやじ
岩手4区の住人です。

最新記事
Flashリバーシ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。