スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍晋三は交渉参加に賛成とか。

やはり・・


なりすまし保守だった。


交渉参加を考えるべきとか。。







全体的におろおろした感じ。


で、じっくり聞くと、このコメントは推進派。


しかも「アメリカにとってもそれほど大きな利益がないんだろうと思うんですね・・・


でやはり日本が入る・・ッスューーーーーー」のくだりは完全にアウト。



どっちのメリットが優先だよ、つい、ホンネが漏れちまう寸止め。



俯瞰すれば、日本が交渉に参加した時点で終了だと思う。



譲れないポイントなど持って臨めばいいなどというけれど、


なら、何なら譲れるかということになる。



外交だから、双方がフェアになるように交渉するのが基本でも


そもそも普天間の問題が前提にあれば、譲るものばかり。



日本には交渉力があるんですよって・・・おいおい。。。


野田の外交音痴というか、むしろ外圧をつくり、外堀を埋めて


国内を形成しようとするトンデモ総理なのに・・・


安住も全くおんなじだし・・・



だいたい、客観すればアメリカと日本の二国間貿易が実態なわけで、


しかし、そこに他国8か国があるから形式的には多国間協定になるわけで、


ルールメイキングも多数決で9-1で決定する仕掛けになるのは透けて見える。



むしろ、譲れないものがあるなら初めから交渉しないことに限ると思う。


というより、交渉入ればどーなるくらい見えないほうがオッペケペーだ。



現状、米国と対等な交渉などありえない。



それにしても、安倍晋三は曲者だということはハッキリしたと思う。


どっからどうみても、このTPPだけは危険と判断するのが保守。



ましてや、野田の外交レベルなど話にならないのは誰でもわかる。


この日本の未来を左右するトコロに来ているのに


安倍晋三って・・美しい国を護る気がないと思う。









スポンサーサイト
プロフィール

ジャムおやじ

Author:ジャムおやじ
岩手4区の住人です。

最新記事
Flashリバーシ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。