スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菅首相、署名謝罪。


菅首相がシンガンス釈放要求嘆願書署名を謝罪した。

これは避けられない菅首相の反日行動だと思う。
選挙前に取りつくってもこの点は補っていないと命とりだと判断したのだろうか。

「間違いを反省」=拉致犯の釈放嘆願署名―首相

6月14日17時20分配信

菅直人首相は14日午後の衆院本会議で、北朝鮮による日本人拉致実行犯として国際手配されている辛光洙容疑者が韓国当局に逮捕された後、釈放嘆願書に署 名したことについて「民主化運動で逮捕された在日韓国人の釈放要求だという趣旨だったので署名した。私の間違いであり、反省している」と述べた。自民党の 菅原一秀氏への答弁。
(時事通信)



釈放嘆願書の趣旨を間違えた。
「対象の中にシンガンスの名前が入っていたことを十二分に確認せずに署名したのは私の間違いだった」と発言した。

ゴメンで済まされる話じゃないが、謝罪しないでは絶対に避けられない事件。
とはいえ、確認しないで署名したとはトンデモナイ犯罪に等しい。

首相が謝罪したなら、千葉景子法相も謝罪しなければならない。
これは国会での答弁で終わりにしてはいけない。、拉致被害者家族に向けて土下座すべきだ。
菅直人なら、厚生大臣の時に薬害事件で土下座して国民の評価を得たのだから、出来るはずだ。
もちろん、千葉景子法相も土下座。

そして、北朝鮮にどういう対応していくのか、拉致被害者の問題をどう解決するのかをはっきりと示さねばならないはずだ。

しかし、菅首相のカンは「韓」に換えるほうがイイと思う。



スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ジャムおやじ
岩手4区の住人です。

最新記事
Flashリバーシ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。