スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩手県浸水データ非開示とか。

これは県民が納得しない。


岩手県は非開示にする理由を都市計画に影響とか。




浸水データ、非開示…岩手県「都市計画に影響」

読売新聞 11月28日(月)8時33分配信
 東日本大震災後、岩手県が想定実験した沿岸12市町村の津波浸水地域のデータについて、同県は、情報公開請求に対し全面非開示としたことが27日、分かった。

 理由について「策定中の都市計画に影響を与え、浸水地域外の土地投機を招く可能性がある」などとした。識者からは「住民の知る権利に応えていない」と疑問の声が出ている。

 県は、津波で破壊された沿岸24か所の防潮堤の高さを決める際、津波や防潮堤の高さ、水門の有無など条件を変えると浸水地域がどうなるか、コンピューターで想定実験を実施。有識者が非公開で防潮堤の高さを議論する「津波防災技術専門委員会」の資料として使われ、再建する防潮堤の高さは9、10月に発表された。

 同県陸前高田市の菅野広紀市議が10月26日、「今後の街づくりの参考にしたい」と想定実験のうち16パターンの実験が入った同市のデータを情報公開請求した。だが、県は11月8日、全面非開示を通知。理由として〈1〉市の都市計画策定に影響を与える〈2〉浸水範囲外の土地投機を助長する恐れがある――などを挙げた。データは、沿岸市町村には提供されているが、県河川課は「市町村が独自判断で公表するのは構わないが、県としては公表しない」とする。

最終更新:11月28日(月)8時33分

読売新聞





なんのためのデータなのか理解できないと思う。



スポンサーサイト
プロフィール

Author:ジャムおやじ
岩手4区の住人です。

最新記事
Flashリバーシ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。