スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東芝半導体見直しとか。

これで、北上市の岩手東芝エレクトロニクスの新工場はなくなったと思う。


東芝



東芝、浜岡・茂原も閉鎖…半導体生産見直し

読売新聞 12月1日(木)9時56分配信

 東芝は30日、光半導体を製造する北九州工場(北九州市)と「浜岡東芝エレクトロニクス」(静岡県御前崎市)、パワー半導体の組み立てを行う「東芝コンポーネンツ」(千葉県茂原市)の3工場を2012年度上期中に閉鎖すると正式発表した。

 約1200人の正社員は他の工場などに配置転換する。1ドル=77円台の超円高が続き、収益を得ることが難しくなったため、半導体の国内生産体制を抜本的に見直す。

 光半導体は、生産を続ける製品数を半減させ、石川県能美市の工場に集約する。パワー半導体の国内での組み立ては取りやめ、海外企業に委託する。

 大分工場(大分市)もテレビ用などのシステムLSI(大規模集積回路)の製造ラインを減らし、正社員2500人のうち最大で約500人を配置転換する。

 また、欧米の景気悪化で自動車やデジタル家電の販売が落ち込んでいるため、短期的な対策として、年末年始に北九州など計3工場で最大2週間休業することも決めた。他の半導体工場も需要に応じて減産を検討するという。

 東芝が今回閉鎖を決めた北九州工場は、システムLSIの生産を2009年度に大分工場へ移管したばかりだった。今年4月には、ソニーから2008年に購入した高性能半導体「セル」の生産設備を、ソニーへ再度売却し、半導体事業の構造改革は一定のメドがついたはずだった。

 しかし、想定以上に進む円高により、スマートフォン需要で好調なフラッシュメモリーを除くと、半導体事業の収益は一向に改善しない。11年7~9月期決算ではシステムLSIは数十億円の営業赤字となり、久保誠専務は10月31日の決算発表で「円高は個別企業の努力を超えた水準」と危機感を示していた。

最終更新:12月1日(木)9時56分

読売新聞

スポンサーサイト
プロフィール

Author:ジャムおやじ
岩手4区の住人です。

最新記事
Flashリバーシ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。