スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タックルとか。






この続きは見つからない。


それでも、みんなの党が第二の民主党であることはよくわかる。


江田はTPPの本質を具体的に見ないようにして、


これからの在り方をどう見るかなどというトコロにシフト。


数字は一切無視。「成長」という展望論から話をするけど意味不明。


おめでたいおバカさんか、目論見があっての推進論者か。。。


やはり市場原理主義であることは明確だ。


青山さんに突っこまれて、自分が何を言ったかわからないでいるって・・




三宅のじいさんは、ナベツネの犬なのでこの通り。


じいさんは普段は保守的な発言するけれど、肝心なところは


いつも左向きになる。民主党への政権交代も賛成。TPPも賛成。


もはや老害でしかない。



クビなった官僚もみんなの党に取り囲まれたようだ。


官僚改革派とか言われているけど、こんな亡国政策に賛成するレベル。




TPP賛成派は、まともに数字で話をしようとしない。


抽象論、感情論で論点をすり替える。


すでにメキシコやカナダがどれほど米国に食われているか知っているはずだ。


リスクのリの字も出てこないのは異常としか思えない。


最後には、まだ議案にならないのに被害妄想をしてどうするみたいな口をきく。


あれこれ理屈を並べては、交渉参加してもおりることはできると思うとか。。



こいつら国益より大事なものがあるようにしか思えない。



これほど国体を脅かすTPPの脅威をそらすかのようにしか見えない。



いつも思うけれど、このTPPの話題を上げる番組は


なんで、年次改革要望書のコトバさえも出さないのだろうか。



タックルみて、まともに文句言う方がおかしいのかもしれない。


スポンサーサイト
プロフィール

ジャムおやじ

Author:ジャムおやじ
岩手4区の住人です。

最新記事
Flashリバーシ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。