スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くだらない事業仕分け第二弾と舛添

民主党のザ・パフォーマンス第二弾が始まった。

今回は独立行政法人の仕分けだが・・・
コレって仕分けるも何も、全部つぶして本当に必要なものだけ
別な方法で改めてつくればイイと思う。

民主党のマニフェストには
《税金のムダづかいと天下りを根絶します》、など記載されている

とはいうけど、始めから出来る事じゃないのは承知のコト。
そもそも労連は民主党の支持基盤であり、
天下りを全廃出来ることなど不可能なことだ。

ムダづかいを根絶するなら、この事業仕分けもムダ。
第二弾が始まったわけだけど、
「新党乱立」の中、話題が舛添新党の立党で影が薄くなった。

第一回の仕分けの時は、どこのテレビでも
レンホウばっかりで、うんざりだった。。。

今回も7月の選挙をにらんでのパフォーマンスだが
タイミングが舛添に取られてしまった感があると思う。

事業を仕分けしても、始めから何兆円も捻出できるわけじゃない。
こんな仕分けをしておいて、子ども手当は外国の子どもの育ち
まで給付することくらいバカらしいことはない。
それなら、まだ日本の国内で金が回っている方がよっぽどイイ。
民主党のやることは「詐欺」だと思う。

舛添新党の会見の始めに
席上に置いてあった日の丸のミニスタンドを
「コレ、邪魔だから・・」とどかしたことが話題になっているようだ。



会見冒頭のところなので、すぐわかる。

どういう意味があっても
愛国者なら「コレ、邪魔」という表現はとてもできないと思う。
ミニチュアでも、日の丸は日の丸。
不都合があるのなら、ちょっと寄せるくらいだと思う。

どうみても日の丸が嫌いとしか思えない。
考えすぎ。という人もいるかもしれないが、やっぱり、ありえない。

舛添の出自がどうやら朝鮮という情報はあるけど、
どこであれ、反日的な腹があるとずっとみてきたのは
間違いないだろうと思う。

大江康弘参院議員は舛添新党に参加しなかった。

彼は「舛添氏は最初の第一歩から失敗した。」と
NHKのインタビューで応えている。

「政党交付金の対象の政党を残したい、
不純な考え方から、会派変更の形をとった」

この姿勢に同意できなかったという。
言われてみれば、既存の政党を乗っ取りして
自分のモノにするやり方で、新党も新生もないのは確かだ。

昨日の記事には、自分は『当然だろう』と記載したが、
それは、舛添だから、ヤツのやり方らしいし、
実際は政党交付金がなければ党の運営は出来ない。
現実的な見地から、当然と書いたが、大江氏の言い分は
スジが違うという理由が「不純」とするものだ。
これは、よくよく想いを形に生み出すときには
純粋にあるべき在り方で貫くべきだということだろう。

反省しようと思う。
とても大切な指摘だと思う。

会見の冒頭の日の丸拒否のシーンは必然な出来事も
必然に思える。多くの国民に人気のあるようなイメージだが、
騙されるなよという、神様の計らいだったかもしれない。

この舛添新党も小沢と組んで、
大連立の中にも加わってくる可能性もあるだろうと思う。

普天間問題でポッポだけが責任を取らされるコトに
なるのかもしれない。


全ては小沢一郎につながるのだろう。
岩手4区の有権者の重みは計り知れない。


スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

ジャムおやじ

Author:ジャムおやじ
岩手4区の住人です。

最新記事
Flashリバーシ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。