スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大谷のメジャー表明とか。


岩手日報一面、「花巻東 大谷投手 メジャー挑戦!」の見出し。

50d5f5f2.jpg

とうとう、日本初! 花巻東の大谷が表明した。


報知新聞が数日前に、メジャー断念とか掲載したけれど、

テキトーに書いてんじゃねーそ と思う。



さて、国内プロ経由せずに、高校生のいきなりメジャー。


これでイイと思う。



それも、菊池雄星を思えば、むしろ行けるときに行った方がイイ。


雄星はメジャー断念し、国内プロを選択した会見で泣いた。

yuusei-kaikenn091026.jpg

本人は憧れのメジャーを夢見たのに、周囲が反対。


そして、西武でまさかの状態になっている。


大谷は2年の夏、3年の春に2度甲子園に行ったけれど、


3年の夏、最後の甲子園には行けなかった。


しかし、これがむしろ将来を思えばヨカッタかもしれない。


栄光を求めるために、ムリな連投で肘や肩を痛めてしまうことがある


大谷メジャー表明「夢があった」
高校生史上最速の160キロをたたきだした18歳が、これまでに誰も踏んだことのない道のりを選んだ。「アメリカでプレーさせていただくことを決めました。最初(高校卒業後)から、行きたい夢があった。若いうちから行きたい気持ちが強かった」。日本のドラフト上位指名候補の高校生が直接、米球界入りするケースは史上初。周囲は日本のプロ野球経由でのメジャー挑戦を勧めたが、大谷は自らの夢を貫き通した。

 悩み抜いた1カ月だった。9月18日にプロ表明をした後、両親、佐々木監督と話し合いを重ねてきた。周囲は慣れない生活環境が、野球にも影響し、リスクも高いと考えており「意見が食い違うこともあった。つらいというか、苦しい時もあった」(大谷)。にきびが、首元までできた時期もあった。

 当初は15日に発表予定だったが、この日の会見前に約3時間かけて、ようやく最終結論に達した。父徹さん(50)は「本人が決めること」と息子の揺るぎない意志を尊重した。佐々木監督は、日本球界に戻ってくる場合、米球団との契約終了後3年間は日本のドラフトで指名されないことも説明。それでも大谷本人の気持ちは強く、同監督は「正直、夢だけじゃダメだと思う。それでも本人が行きたいと。やりたいところでやらせてあげたいと思った」と最後は背中を押した。
http://www.nikkansports.com/baseball/professional/draft/2012/news/p-bb-tp0-20121022-1035921.html



おそらく、雄星も大谷へアドバイスしたと思う。


自分の気持ちに正直に、悔いのない選択をする方が幸せだと思う。


高校生で日本で初めて160キロを出した大スター。

hig12071915400007-p2.jpg

あの松阪も、ダルもやっていない高校生160キロ。


メジャーに行くべき男の立派な照明。


退路を断つ決断を18才の高校生が表明した。 


素晴らしい、心から祝福したい。




にしても・・・岩手4区ってホントにスゴイ奴がいっぱいいる。


なんというか、誇りに思う気持ちでいっぱいだ。



雄星も、大谷も、頑張って多くの人を喜ばせてほしい。


そして、心から彼らの成功を祈りたいと思う。




スポンサーサイト
プロフィール

ジャムおやじ

Author:ジャムおやじ
岩手4区の住人です。

最新記事
Flashリバーシ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。