スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連携に必死とか。


石原新党は橋下維新との連携に必死のようだ。


 「第3極は連携できないという報道が多いが、頑張ってくれ」

 新党結成を目指す石原慎太郎・前東京都知事は協議中の園田氏に電話で、こう激励した。

 石原氏はたちあがれ日本を母体とした新党結成を目指しているが、3日に橋下氏と会談し、衆院選での連携を目指して政策の一致を探ることで合意した。9日の政策協議は、この合意を踏まえたものだ。

 協議で維新の会は、基本政策「維新八策」に盛り込んだ環太平洋経済連携協定(TPP)の交渉参加や脱原発依存、消費税の地方税化などについて説明した。たちあがれ日本の所属議員は、これらの政策に難色を示しているが、園田氏は「TPPの交渉参加はOKだ」などとして、いずれも理解を示し、15日に大阪で詰めの協議を行うことで一致した。

 両者が折り合えたのは、たちあがれ日本が「大同団結」を掲げる石原氏の意向を尊重し、決裂回避を優先したからだと見られている。

 松井氏は協議後、記者団に「丁寧に説明すれば、『そうだよね』という話になる」と満足げに語った。これとは対照的に、たちあがれ日本幹部は「園田氏は、石原氏の意思に従っただけだ」と不満を漏らしている。
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/news/20121110-OYT1T00009.htm?from=top





これで平沼さんはいいのか?



TPPの交渉参加はOK???



あくまでも選挙のための戦略なのか、はかり知ることはできないけれど、



石原にそこまでしてついていかなければならないのか。



ブレない信念が、最後に後悔することにならないよう



平沼さんには貫き通してほしいと思う。



しかし、TPPに交渉参加はOKとまでしたら、この時点で終わりだ。




なんのための連携なんだか、わからない。




あの与謝野馨が自民党に復党するのも、都議連が積極的に動いたという。




都議連の会長は石原伸晃。





裏で、与謝野を戻した意味はどういうことか、疑問だ。




なんだか、保守分断の動きのような、胡散臭い感じが強い。



スポンサーサイト
プロフィール

ジャムおやじ

Author:ジャムおやじ
岩手4区の住人です。

最新記事
Flashリバーシ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。