スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「たちあがれ日本」党 結党会見

岩手4区も春らしい感じなってきた。
桜は4/20前後らしい。

午後四時から平沼新党の
「たちあがれ日本」党の結党記者会見を見た。

5人の議員に石原都知事が加わって6名での会見。
政策綱領は7つあるが、何も異論はない。
素晴らしいと思う。

疑問があるのは文章や言葉じゃない。

「人」だ。

立ち上げにかかわる人に疑問があれば、立党の意義も歪んで見える。
党是や綱領を見ないで否定するのはおかしいと水間さんは主張しても
ここまでくれば保守から外れた文章や言葉は出てくるはずもないと思う。

逆にいえば、党是や綱領が良ければそれで良しとするものなのだろうか?

タカ派の平沼とリベラルの与謝野の対極コンビってありえないと思う。
これで第三極になりえるとは思えない。
どうしても与謝野には小沢の影を感じる。
会見は理屈じゃなく、素直に感じようとして見ていた。
でも、一番張り切ってしゃべるのが石原慎太郎だった。

党の話より浪花節。
人の聴きたいことよりも話したいことを話すという傲慢さは変わらない。
言うことは正論だが、やっていることは一致しない点が多い老害だ。
全てを否定するわけじゃない、この人の本や映画はイイ。
でも都知事を3期もやっているとホコリも被るようだ。
例の銀行の問題は無責任極まりないと思う。首長として無責任な奴が
国を憂うと言っても安っぽい。

共感したのは平沼の挨拶。
そして、藤井が「みんなの党」はポピュリズムと言ったことだけだ。
園田はわかりやすく話すが、これが一番信用できない。

当然、多くの保守主義の国民は期待しているだろうと思う。
しかし、この新党は民主党の補完勢力にもなりかねないのは事実だ。
キャスティングボードを握るような極になれば、与謝野や園田は与党寄りに
変わることは十分に可能性があると思う。

今の自民党がバラバラで、期待が出来ないのも事実だと思う。

でも、「政党」で保守を見るなら、自民党だ。
立党の心は保守・愛国の心だった。
それは消えていない。
清和会から中川秀直が脱会し、丸山らの新人保守が入ったようだ、
これはとてもいいと思う。

たちあがれ日本は保守の党として見れない。
平沼・中川の二人だけは保守議員だ。
だからといって、保守の新党というのは拙速だと思う。
また愛弟子の城内が参加しないのも普通におかしい。
これは城内の事情もあるだろうが、会見では
後援会の了承を得たなら参加する意向だと平沼が言っていた。
しかし、この新党は用意周到に準備されてきたものだ。
立党に愛弟子が間に合わないということは理解しがたい。
鴻池は不参加。その理由は本人がツイッターで書いているが
その理由のほうがよく理解できる。彼も保守主義を貫く政治家だ。

民主党政権を倒すことが目的ということには支持するし、
政策綱領も実現してほしい良い内容だ。
だから信頼し、応援せよ、と言われても疑問が解けない以上厳しい。


偉そうに上から目線で言う資格は岩手4区のヤツにはないだろ
と言われたら「ハイ、スイマセン」と言おうと思う。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ジャムおやじ
岩手4区の住人です。

最新記事
Flashリバーシ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。