スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トンネルで天井が崩落したとか。

トンネルで天井が崩落したとか。


10s829626.jpg
10s829633.jpg
20s00123882.jpg



中央道笹子トンネルで崩落
2日午前8時頃、山梨県大月市の中央自動車道上り線の笹子トンネル内で崩落があり、走行中の複数の車が巻き込まれ、けが人がいるとの情報が県警高速隊に入った。

 天井が崩落したとみられ、火災も起きている模様。中央道は午前9時現在、勝沼インターチェンジ―大月ジャンクションの上下線が通行止めになっている。
(2012年12月2日11時56分 読売新聞)





トンネルの天井が崩落するなんて聞いたことがない。



中央自動車道は1967年(昭和42年) - 1982年(昭和57年)の開通になる。



およそ40年前に作られてその後の補強工事がされておれば、こういう事故は考えにくい。




pa1354406306023.jpg



公共工事がバラマキというおバカな政治家がいる、



土建屋にバラマキ、癒着が生まれる構造があるとかなんとか。。



必要な公共工事は常に存在しており、国民の命と直結していることを忘れてしまっている。



インフラはバラマキではなく、「投資」である。



15年ほど前からおよそ30兆円ほどインフラは削られてしまって



この異常な削減によって、雇用も大きな影響を受けている。




野田政権になって対外支援金の総額が為替介入を入れると31兆円とか。



どっちがバラマキなんだよと思う。




「コンクリートから人へ」と耳アタリのよいスローガンに



ダマされた国民も反省しなければいけない。




コンクリートは命を助ける重要な投資であり、



公共事業は悪ではなく、善であることを知るべきだと思う。





スポンサーサイト
プロフィール

Author:ジャムおやじ
岩手4区の住人です。

最新記事
Flashリバーシ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。