スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢のGW米国訪問中止

今朝、巨人の木村拓也氏の訃報を知った。
なんということだろうか。
37歳という若さに加え、突然、グランドで倒れて
意識が回復することなく逝ってしまった・・

家族と別れの言葉も出来ないままに。

まだ幼い子供がいるようだが、このような死別は言葉もない。
胸が締め付けられる思いだ。

彼の凄さは並みじゃない、右、左ともに打てるスイッチヒッター、投手以外の全てのポジションをこなし、
内外野を守った記録を持つ選手だった。
素晴らしいプレイを見せてくれた彼に感謝したい、ありがとう。
そして、さようなら。どうか、安らかに。


小沢一郎が米国訪問中止になったようだ。

(ここから)

小沢一郎民主党幹事長の大型連休中の米国訪問が中止に なったことが7日、明らかになった。複数の民主党関係者が明らかにした。

小沢氏の訪米は、キャンベル米国務次官補が2月2日に小沢氏と会談した際に要請。これに対し、小沢氏は「せっかく行くならオバマ米大統領にも十分な時間をとってもらわないと困 る」と述べ、訪米に応じる意向を伝えていた。

民主党幹部は7日、「これは延期だ」と述べ、大型連休中の訪米はなくなったことを認めた。さ らにこの幹部は「そもそも民主党から訪米を希望したわけではない。いつ訪米するかは今、決まっていない」とも述べた。

小沢氏の訪米をめぐっては、キャンベル氏の要請以降、 米側から積極的な働きかけがなく調整が滞っていたとされる。米軍普天間飛行場沖縄県宜野湾市)の移設問題で、米側が民主党政権への 不満を強め、小沢氏オバマ大統領ら米政府要人との会談設定に難色を示した との見方が政府・与党内に出ている。

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100407/stt1004071618008-n1.htm

(ここまで)

普天間基地問題は鳩山総理が、
『3月いっぱいまでに政府方針案を固める』と、自分で勝手に約束して、
『別に法で決まっているわけじゃありませんので・・』と破る
見事な劇団ひとりだ。

結局、4月も1週間すぎるが方針は定まらないまま。
これでは訪米要請したキャンベルも、手のひらを返すのは普通だろうと思う。
おそらく5月も決まらないで、そのまま、選挙に入るだろうと思う。

そもそも、米軍基地の移転先など、数か月で決まるような性格じゃない。
自民党も10年以上かけて、やっとこ落ち着いたばかりの移転先を
無能で無策な民主党が、ぶち壊した。

選挙のためのいい加減なデタラメで、
ハナから県外、国外の移転先などの候補もない。

なにもかも、インチキだ。

政府は国益を守るという使命がある。
なのに、政権交代して『国防』というものはおざなりにされている。
『国を守る』という、意識が全くないボンクラ政権だと思う。
有事の際の対応など、今の政権では国を守ることなど不可能だ。


それも小沢一郎を出した岩手4区の責任でもある。
沖縄の県民にお詫びしなければならない。





スポンサーサイト
プロフィール

Author:ジャムおやじ
岩手4区の住人です。

最新記事
Flashリバーシ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。