スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TPP交渉参加表明の安倍とか。

チャンネル桜の討論の中では、過去最高の討論だと思う。

このタイミングで、まさに聞きたい意見を討論しているので、見ごたえがあった。

必見とはまさに、コレだと思う。









TPPはもちろん反対、しかし、現実の安倍内閣は交渉参加を表明。

安倍支持は変わらずも、TPPだけはありえない矛盾をどう整理するか、

今後どうすればいいのか・・水島さんと東谷さんの討論は興味深く見させてもらった。


安倍はTPPやらざるを得ないというより、TPPをやりたいという東谷さんの見方に同意する。

憲法改正とか、国防軍とか、アベノミクスとか、教育再生とか、主権回復の日とかいろいろ支持できる点は

たくさんあるけれど、このTPPは完全に真逆であって、それを会見で官僚主導の抽象論で表明したことは

完全に裏切られたと言ってイイと思う。この点も番組冒頭の東谷さんの意見には共感する。


あまりにも民主党政権がすさまじくひどかったので、安倍に対する理想と希望を失いたくない

国民が多いと思う。もちろん、自分もそうであり、西田さんや藤井さんらも近くにいるから

安倍はTPP推進派から慎重派になっただろうということを期待していただけだった。

でも、所詮、石破やノブテルよりはマシという消去法で選ばれたキセキであって、

もともと、TPPは推進派だという事実も鑑みれば、安倍は小泉構造改革路線継承だったのだと思う。


それにしても、参院選前にTPP交渉参加を表明するとは理解ができない。

麻生がのけぞった・・ということもうなずける。

ここは多くの保守論客が誤算だった。


理解できない点と、心から共感する点の両方を同時に仕掛けてくるので

安倍を批判する状態にはなりにくい。これは現実、安倍以外に誰も総理適任者がいないからだと思う。

3本の矢でデフレ脱却というアベノミクスも、順調に株価も円安も予想以上に好結果になってきたので、

3本目の成長戦略は疑問だらけでも、批判されず期待されている。

正直、これは作戦で戦略開始時点で驚くようなものに切り替わると自分は思っていた。

というのも、最後が肝心なのにこれほどの中身のないものでは脱デフレなど出来るとは誰も思わない。

まだ日銀総裁も代わっていないので、その時が来れば成長戦略も充実した内容になると勝手に思っていた・・。

現実は竹中平蔵らの委員で小泉構造改革の継承。

思い込みとは恐ろしいと反省する。

竹中平蔵批判を安倍が否定したという東谷さんの話を聞いて、安倍の正体を見た気がする。

水島さんはTPP反対と安倍支持は矛盾しないというけれど、

安倍本人がTPPをやりたいということが判ると、これは崩壊する。

水島さんは安倍を信じたいのであって、またそれが壊れると希望も失うからだろうと思う。

ここは東谷さんとのやりとりで感じるコトが出来て、また確実に安倍がTPPを仕方なくやるという

ものである証明は持ち合わせていないことも伝わる。

ちょっと驚いたのは関岡さんもそれに同意したのは意外だった。。

自分は東谷さんの見方に同意する。希望的観測で思うのじゃなく、事実と理性で正しく見るべきだと思う。

安倍内閣で戦後レジームの脱却には大いに期待したい気持ちは同じだけれど

現在のTPP交渉参加表明は本人が積極的に参加したいことを思えば、やはり矛盾だと思う。


水島さんの国民運動としてひたすらTPP反対を拡散し、世論戦にするということは同意する。

なんであれ、最終の国会での批准まではマスコミに負けないでTPPの正体を知らしていくべきだと思う。

その先頭に立って、運動されている水島さんには心から敬服し、感謝申し上げたいと思う。


理想や正論通りに政治を進めることは、現実的に非常に難しいと言うことは誰でもわかる。

でも、日本国は「武士道」の国。

武士道の精神は《ならぬものはならぬ》だと思う。

それが、交渉参加して「農業」や「食」は守るとかいうのではなくて、

TPPは国柄を崩壊させるものであり、百害あって一利なし。

外圧に屈せずに参加は見送るとするのがリーダーの当然の姿だと思う。


国土強靭化の藤井教授は日本を「強く」するために内閣官房参与に協力していると思うけれど

片方で、国家を解体に導きかねないTPPに交渉参加するなどという状況をどうみるのだろう。


菅政権、野田政権で危険と思っていたのが、自民党の安倍内閣誕生であっさり消えると思っていたら

なんと、安倍がTPP交渉参加を決定した。3か月前には考えられなかったことだ。

これはおそらく安倍のシナリオ通りなのだろうと思う。

827.jpg
932.jpg

農業さえ守ればOKとすり替えた安倍、したたかなヤツだと思う。

これがこの国のリーダー。確かに民主党政権よりはるかにマシだけれど

やはり国のリーダーにふさわしい人物では

無かったということだけは、よくわかった気がする。


スポンサーサイト
プロフィール

ジャムおやじ

Author:ジャムおやじ
岩手4区の住人です。

最新記事
Flashリバーシ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。